相続税の準備をするときにはこんな節税対策が有効!

生前贈与は節税対策に役立つ!

遺産を分割するときに分割協議などによって各相続人に分けるときには、全員の合意が必要となります。合意が得られないといった遺産をめぐるトラブルを避けるためにはどうすれば良いのでしょうか。被相続人となる人はもちろんなくなってしまっているので、意志を伺うことはできません。しかし、生前に本人の意思で相続したい人へ贈与しておくことにより、スムーズに遺産を分割することが可能です。暦年贈与が代表的ですが、様々な種類があります。相続税の準備や節税対策に活用するのが良いでしょう。

生前墓を用意することを検討しよう

日本では身近な人が亡くなったときには、葬儀を行うのが一般的です。葬儀や墓地にかかる費用は決して安いものではありません。お墓や仏壇、仏具などは誰が相続するのでしょうか。こういった祭祀に用いられる財産は相続人は特定されていません。また、骨董品や投資を目的として購入した商品以外は相続税がかかりません。このため生前に被相続人がお墓などを購入していれば、相続財産が減るというメリットがあります。相続税の節税のために、生前墓をあらかじめ用意する人も多くいます。

財産を譲り受けるときには色々な制度を活用しよう

親から財産を譲り受ける時、一定の金額までであれば税がかからなくなる制度があります。これを活用して、相続にかかるお金を節約すると良いでしょう。結婚・子育て資金の一括贈与制度というもので、20歳から50歳未満の子供や孫が対象となっています。この制度を利用すれば、最大1000万円まで贈与税が非課税となります。ただし、婚礼や住居の引越し代など、結婚に関して支出する費用は300万円までと決められています。けっこや子育てに使った資金であることを金融機関に証明することで受けられるため、活用してみましょう。

相続税相談の受付が行われている税理士の事務所においては、初回の無料相談のサービスを申し込む人が増えています。