金利がかかるの!?信用取引における銘柄と取引手法の選び方

株式の信用取引には金利がかかる

資金や株を借りて行う信用取引は、取引規模を拡大することができることから、大変利便性がある取引手法として知られています。しかし、借りた有価物に対しては、日数に応じた金利がかかってきます。信用取引において利益を計算するためには、こうした金利や受託手数料も考慮に入れておく必要があります。これを怠ってしまうと、信用取引にかかるランニングコストのみで多額な損失を出してしまうという事態も招きかねないということを、十分承知しておくようにしましょう。

金利を意識した信用取引銘柄の選び方

株式の信用取引においては、金利のコントロールが大変重要です。そのためには必要の無い期間は信用取引の銘柄を保有しないようにしておかなければなりませんが、中にはうっかり塩漬けにしてしまう場合もあるかもしれません。そうした事態に直面しても可能な限り金利のリスクを軽減できるよう、制度信用取引に指定されている銘柄から信用取引を行う株を選定すると良いかもしれません。制度信用取引は約3ヶ月で強制的に決済されるため、それ以上の金利がかかるようなことはありません。

金利を少しでも押さえるための取引手法とは?

しかし、やはり信用取引においてもランニングコストがかからないに越したことはありません。信用取引において金利を極力かけないためには、取引手法をデイトレード主体にすると良いでしょう。証券会社の中には、デイトレードで注文後に即日決済するのであれば金利0円を謳っている所もあります。まずは自分がどのように信用取引を運用していくのかというスタンスを決めることが重要ですが、ランニングコストも損失につながる重要な要因である以上、そのことに十分配慮した取引手法を選ぶことは、信用取引をするに当たっては大変重要です。

株式の信用取引の金利は、長期的に手数料などの支払いの際に大きな負担が掛かることがあるため、複数の実績のある業者の相場を理解することが不可欠です。