大きく稼げるかも?信用取引のメリットについて

手持ちの資金以上の金額で取引ができる

一般的な株取引では、手持ちの資金以内でしか株取引はできませんよね。つまり、手持ちの資金が100万円なら最大100万円までしか株取引に使えない訳です。しかし、信用取引なら手持ち資金の約3倍の金額まで取引に利用できます。100万円の資金があるなら約300万円株取引に使えるんです。使える資金が増えれば、購入できる銘柄の選択肢も増えますよね。また、上手く取引すれば普通の取引の3倍の利益を出すことも可能です。

下落相場でも利益が出せる

通常の株取引では株価の安い銘柄を購入して、それが高くなったら売ります。その差額を利益として積み上げていく訳です。ただし、この方法では株価が上昇していかないと利益は出せませんよね。しかし、信用取引では空売りが利用できます。空売りではまず証券会社から株を借りて、それを高値で売ります。売った株が下がったら買い戻して証券会社に返し、その差額を利益にする手法です。この方法なら株価が下落している局面でも利益をだせるので、利益を上げる機会が増やせる訳です。

デイトレードに向いている

空売りが可能な信用取引では上昇相場でも下落相場でも利益を狙えるので、1日で何度も取引を行うデイトレードに向いています。また、現物取引では同じ資金で同じ銘柄を同じ日に何度も売り買いする回転売買は禁止されています。回転売買ができないのはデイトレードにとってきついですよね。しかし、信用取引では信用枠の範囲なら回転売買ができるんですよ。信用枠というのは証券会社に預けた保証金によって決まります。保証金が50万円なら信用枠は約3倍の150万円です。

信用取引の進め方についてわからないことがあれば、証券会社や金融機関に問い合わせをすることが大事です。