相続税対策についての相談はどこにすればいいの?

相続税対策は一般の人が取り組むには難しい問題

相続税が発生するような資産を持っている人やその資産を相続する人にとって、相続税対策はいつかやらばければならないこととして気にかかる問題です。しかし、相続税対策というのは一般の人が取り組むには難しい問題であり、ヘタをすると、相続税を削減するどころか余計に税を課せられてしまうといったケースが生じることもあります。そのような事態を招かないためにも早い段階でしかるべき相談先を探し、万全の対策を立てておきたいものです。

税務署ではどこまで対応可能?

では、相続税の相談はどこにすればいいのでしょうか。まず、最初に思いつくのは相続税の所轄官庁である税務署です。各税務署では、相続税などの税に対する疑問を受ける相談窓口を開いており、無料で相続税に対する疑問や相談に応じてくれます。しかし、当然ながら税務署は公的機関ですので、相続税の軽減に関する対策などを指導してくれるわけではありません。また、疑問や相談に関する回答も法規に沿った一般的な回答にになりますので、個人の複雑な問題に対応するのは難しいと言えるでしょう。

個々の事情に合わせた対策を講じてくれるのが税理士

それに対し、個人的な事情に合わせた相続税の対策を相談者に提供してくれるのが税理士です。税理士は税についてのプロであり、さまざまな金融商品や保険などを使って相続税を軽減する方策を心得ていますので、相談者の状況に応じた対策を講じてくれます。税理士に相続税対策を依頼すれば当然費用は発生しますが、多額の相続税を支払うことを考えれば少額の出費で済むのです。このように、個々の状況に合わせた相続税対策を望むのであれば、やはり相談先は税務署よりも税理士の方が適しています。相続税対策は早ければ早いほど、いろいろな手段が講じられますので、必要だと考えられる人は早めに税理士に相談するようにしましょう。

相続税の税理士の選び方としては、その税理士の年間の相続税申告実績を確認することです。ポイントとしては相談実績ではなく申告実績をみることが肝心です。