レーサーになるためには?モータースポーツ専門学校があります

幼少期からの英才教育

どのスポーツにも言えることですが、幼い頃からそのスポーツに特化した練習や訓練などの教育が必須です。レーシングドライバーと言うと車を運転する性質上、運転免許を取得してからでないと練習できないと思われがちですが、決してそうではありません。現在プロとして活躍しているレーサーのほとんどが、小学校に通う前からサーキット専用の車を使って練習し、子供同士でレースをしてテクニックを磨いています。免許を取ってからでは遅いというわけではありませんが、プロとしてキャリアを長く過ごすためには、早い段階から訓練を積んで損はないはずです。

日本ではあまり馴染みの無いモータースポーツ専門学校

自動車レース自体の認知度があまり高くないために、モータースポーツ専門学校の校数も少なく、認知度もあまり高いとは言えません。しかし、専門学校という名前でありながら、卒業すれば高校教育課程を満了した事と同じになる学校もあります。高校生として国語や英語、数学を勉強しながら、モータースポーツに関する授業(座学・実技)も同時進行していくというシステムです。仮にスポーツを職業に出来なくても、ある一定の学歴を残すことが可能になっています。

その他のモータースポーツに関する学校

モータースポーツの花形とも言えるレーシングドライバーに関しての専門学校や教育方式を紹介しましたが、レース専用マシンを整備するメカニックの専門学校も存在します。この専門学校に通うメリットとしては、学生のうちから実際のレース現場に入り実務を経験できる点にあります。また、自動車を整備するという特性上、整備に関する資格を取得することが推奨されている場合があるので、レース専用車両以外にも、普通車を取り扱う整備士として働くことも可能です。

スポーツの専門学校の通学方法について知りたいことがあれば、オープンキャンパスや相談会などの機会を利用しつつ、将来的なサポートの内容を理解することがおすすめです。