期日までに問題なく納税したいですか?なら早めにプロに依頼しておこう

複雑な手続きは迷わずに外注しましょう

相続税は一生のうち何度も払うものではないので、申告し慣れている人はいないと思われますね。個人では到底できないほど調べる項目が多いので税理士と二人三脚でやってみるとよいですよ。なかには相続税の申告にどういった書類が必要なのかわからないというケースもあるかと思われますね。税理士事務所によっては納税に必要な書類は何なのか教えてくれるだけでなく書類を取り寄せるのを手伝ってくれるところもあるので、親切なところを探しましょうよ。

相続税専門のスタッフに悩みを打ち明けよう

相続税専門のスタッフがいるだけでなく、できればベテランの司法書士や弁護士ともネットワークのある税理士事務所にコンタクトをとってみましょう。特に規模がかなり小さい事務所の場合は当然スタッフの数も少ないのでその場合はどれだけ外部のネットワークを活用できるのかということにかかってきます。規模が小さい税理士法人でもそこの代表は前職で相続税の納税を数十回以上している人である可能性は十分高いんです。なので相談する事務所を選ぶ基準に規模は関係ないことが多いですね。

料金が事前に良くわかるところを選びましょう

税理士法人によっては相談に来たお客さんに対して料金の説明を後回しにするところがたまにあります。しかし、そこを不明瞭にしたままその事務所と契約するのはあまり良くないのではないかと思われます。一般的に支払うことになる報酬は納税額に比例するので、数億円以上の資産を持っている人なら税理士事務所に100万円単位のお金を支払うことになります。また、親切な事務所なら税務署に提出する書類には書類添付制度を活用することで税務署から納税者への信頼を高めてくれるでしょう。

相続の申告を税理士に依頼する際は、税務署対応まで業務範囲になっているかどうかを確認することが大切です。事務所によっては、申告漏れなどの問題があっても対応してくれない場合があるので気を付けましょう。